ジョンの本当の49日2007-10-13

ジョンの49日はの法要は、
都合で『ごお』の3回忌と一緒に行った。
10月13日は、ほんとうの49日にあたる。

『そらん』がいるから、なんとなく忘れた振りはできるけれど、
実は、とてもさびしい。
ジョンときたら、ほんとにいつでもそばに居たんだ。
『そらん』はマイペースなやつだから、したいようにしているだけ。
『ごお』でさえ、時には僕から離れる時間を持っていた。
だけど、ジョンはいつでもそばにいた。
僕が家にいる限り、僕の後を、どこにでもついてきた。
何かして、などとは言わない。ただ、そばにいた。
時々は、遠慮がちに足元に来て、
お暇でしたらかまってください、
とでも言うように舐めたり、袖を引っ張ったりもしたが、
控えめにして、じっと待っていることが多かった。
ほんとに片時も離れない。
そのジョンがいない。

ジョンの不在は、『そらん』にも影響している。
『そらん』もジョンがいたら、退屈したら縫いぐるみを持ってきて、
ジョンの鼻先で振り回し、口に押し付け、
引っ張りっこに誘ったり、ジョンとくっついて眠ったりしていた。
時には、ジョンもやる気を見せて、
『そらん』の後を追いかけて階段を降りたり上がったり、
追いかけ追っかけられ、『そらん』と一緒に騒いでいた。
そして、二人で遊び疲れると、
ベッドの上で仲良く並んで、僕を見ていた。

ジョンがいなくなって、なんとなく家は沈んでいる。

13日は、かねてから予定されていた仕事が入っている。
法要は済ませているとはいっても、
本当ならなにかをしてやりたいと思う。
忙しくて何もできないから、せめて花一輪、用意してやろう。


49日が済めば、服喪は終わり。
そろそろいろんなこと考えなければ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kumaneko.asablo.jp/blog/2007/10/13/1849267/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。