ジョンの命日2008-08-25

8月25日。ジョンが逝ってしまった日だ。
ジョンを偲んで思い出を語る日にしたかったが、
あいにく雇われ人だから、かんたんに時間を取れるわけもない。

昨年7月3日に獣医でリンパ腫の疑いがあると聞かされてから、
力尽きて息絶えるまで50日強。
闘病中はさぞや辛かったろうに、僕に迷惑をかけまいとしていた。
体がえらいだろうから室内で粗相したって仕方ないと思っていた。
ふらふらの状態になったときでも、勝手口まで這っていき、
扉が閉まっているためお漏らしして、切なそうに僕を見ていた。
後片付けをしていたら、ごめんとでも言うように恐縮していた。

ジョンは8歳になって家に来た。
僕に対しては最初から甘えていたように思うが、
「そらん」にも、母にも、その他家族にも甘え方がわからず、
来た頃は「そらん」に遠慮し、母に遠慮し、
家での生活を緊張した状況で迎えた。
時が経つにつれ少しずつ、ほんとに少しずつ馴染んできて、
やっと解放された表情で、我が家での生活を楽しみだしたばかりだった。
病気の発覚前に行った八ヶ岳では、
「そらん」と互角に張り合いマウントされれば怒れるほどになり、
泳ぎ、走り、自由な疾走をして見せた。
心から家での生活を楽しめるようになっていたと思う。
来た当初は痛んでいた関節も、各種サプリが効いていたのか、
「そらん」と併走するほどの姿を見せていた。

ほんとうに、叱るところのない犬だった。

無常にもジョンがジョンらしく楽しめるときは短く終わった。
駆け足で去って行ったジョンだけれど、
いつまでも「よい犬」だったと僕は記憶していく。
たった一年半が、振り返れば長い時間だったと感じる。

歯が浮くようなことを言う。
どうか「ごお」と一緒に走り回って待っていて欲しい。
いつか、いつになるかはわからないけど、
「そらん」も僕もそこに行く。
もし僕に文句があったのなら、その時聞かせて欲しい。
でも、できるなら僕といてよかったといって欲しいけど、

ジョンと暮らした日々は忘れられない記憶だよ。

コメント

_ BAKU ― 2008-08-26 02:24

こんばんは!
くまねこさんお久しぶりです。
記事を読んで思わず涙が出ちゃいました。
と言うか
泣きながらキーボードいじってます。

うちの仔も外でしかしない仔だったんです。
うちの仔は、酷い水下痢が続いていたんですよ
汚しちゃいけないと思ったのでしょうね
震えながら我慢してるんです。
そう、
出ちゃったときなんてサークルの隅っこにすまなそうにしてました。

犬種は違いますが
なんだかジョン君と似てますよね。

頑張り屋さんな犬達でしたね。
もっともっとも~っと
迷惑掛けて欲しかったですよね…  (T_T)

遠い空の下より
御冥福をお祈り致します。

P.S
先日友人に、あの仔虹の橋の袂で私を待っててくれるかな~?
って聞いたところ
きっと今頃お母さんと(昨年暮れに亡くなりました)
嬉しそうに渡ってるわよ 笑 ですって。
ショックと思いましたが、
あの仔もお母さんも一緒なら寂しくないだろうから
良しとする事にしました。

_ じょりママ ― 2008-08-26 19:58

初めまして!
犬ブログから来ました、じょりママと申します。
「ジョンの命日」ってタイトルが
めったに見に行かないブログ村で
目につきました…これもご縁でしょうか…
ジョン君8歳で迎えて1年半で亡くなったのですね。
でもその間、とても素晴らしい日々だったのが
目に浮かびます。
くまねこさんはとてもすてきな文章を書かれているので
とても引き込まれました。
ごお君もジョン君も幸せだったことでしょう。

私にとってうちのジョリーは最高の友であり、
私の長男であり…言葉では言い尽くせません。
ジョン君はリンパ腫だったんですね…
とても人ごととは思えずついコメントいたしました。

虹の橋のところでごお君もジョン君も
そしてこれからのワン子達も
きっと笑顔でみんな微笑んでると思います。
くまねこさん、あなたに出会えて良かった、
ありがとう!!元気で長生きしてね!って!!

すてきな記事が読めて良かった、
元気でました!
ありがとうございました!

_ くまねこ ― 2008-08-27 00:54

BAKUさん

「もっと、もっと・・・」
同感です。

すべての犬は良き友。
ジョンや「ごお」と暮らしての実感です。
いじらしいまでに僕たちを暖めてくれる。
少しでも幸せを感じてもらえたらいいですよね。

「そらん」と「はいら」がいる。
つつがなく下僕を全うせねばと思うこのごろ。


じょりママ さん

拙い文を褒めてくださり有難うございます。
ブログ拝見しました。
ジョリー君、腫瘍と闘っているんですね。
ブログからジョリー君に対する想いが伝わってきます。
いいお家に迎えられたジョリ君。
元気で天寿を全うできるようお祈りします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kumaneko.asablo.jp/blog/2008/08/25/3710625/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。