小さな骨壺で2018-01-31

つい先ほど高槻動物霊園から帰ってきた。
骨上げを済ませて帰ってきた。
「ごお」や「ジョン」と同じ大きさの小さな骨壺に入っている。

斎場では「はいら」が何度も、何度も、そらんのところに行っている。
途方に暮れた顔でいる。たぶん僕も。
合掌を終え、いよいよ窯のふたをするとき、
はいらは一歩進んで困ったかおをする。
どうしてなのか、理解できないのだろう。

バーナーの着火音がして、再び合掌。
不思議そうな、困ったような表情で、足元で「はいら」はじっとしている。
もう、「そらん」はいないのだ。

家にいるときはたいてい「そらん」に寄りかかるようにしていた。
1月20日が過ぎて、いよいよ≪そらん≫が動けなくなると
引っ付いている時間が増え、
30日はずっと近くで寄り添い寝ていた。
息を引き取ってからも、何度も顔を覗き込み、
鼻面を押しても動かない「そらん」にどうしたのかと固まっていた。

その後も「そらん」の近くにいて、見つめてみたり、
横に寝てみたり、おなかの上に顎を乗せたり、
さすが飼い主より「そらん」ちゃんが好き好き。
明日からどうなるのか。

小さな骨壺を、同じ小さな「ごお」と「ジョン」の隣にそっと置く。

退職後は≪そらん≫とゆったり、まったり暮らそうと思っていたのにと、
途方に暮れる。

コメント

_ chiechigu ― 2018-03-30 17:18

こんにちは。ホワイトシェパードのオフ会を検索中、くまねこさんに出会いました。そらん ごお ジョンちゃん達との別れの話に引き込まれ食い入るように読みました。
こちら1歳9ヶ月24日のホワイトシェパードの女の子おります。まだ若いですが、私にはもう2歳…あと何年一緒におれるか?いなくなったときをおそれて暮らしています。いま、この子には何が幸せか何がベストか?
先代のラブラドールの男の子を2015年に13歳2ヶ月18日でガンで亡くしたので、彼女はどうしてもガンにならせたくない。絶対に痛みなく苦しまずに長生きして逝ってほしい。
いつも忘れない健気だった彼の闘病の日を思うたび、この子に出来ることは何やろう…仕事で家を出るたびに思います。
その割には、歯磨きサボって歯垢付いたりして ブルーになってるアホな飼い主なんですがね
どうぞ、また、はいらちゃんのことも読ませてください
楽しみに気長に待ちます。

_ くまねこ ― 2018-07-13 17:29

chiechiguさん。
コメントをいただいていたのにレスしなくてごめんなさい。
「そらん」が逝ってから「はいら」も僕も落ち込んでいて
なかなか気力もわかなくて、またまた放置ブログにしてしまってました。

こんなことではいかん!

思い切って新しい犬を迎えることにしました。
今うちには「まこら」という11か月のゴールデンがいます。

7か月で来たのが3月28日。
ソっから「まこら」との格闘で、今度は余裕がなくなり、放置を継続していました。

ホワイトシェパードのことはよく知りませんが、
ゴールデンのような遺伝的にがんが多い犬種というのでなければ、
あんまり病気のことなど恐れず、
毎日の散歩や、ドッグランで遊んで、飼い主も一緒に楽しめばいいと思います。

愛犬がいなくなってしまうことは、本当に何度経験しても、
その都度哀しいし、後悔に取りつかれてしまうのだと思います。
でもね、そんな思いを超える想い出=楽しいが、
いっぱい詰まっているものです。
明日の別れを恐れすぎて、たのしいが減るのはもったいないことだと思います。

「まこら」もきたことだし、これからはできるだけ更新を頑張りたいと考えています。
また、よろしければつたないブログですが、ご覧ください。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kumaneko.asablo.jp/blog/2018/01/31/8779933/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。