嶽神伝 血路2019-04-13

長谷川卓  講談社文庫  820円

長谷川さんは100タイトルを超える著作を送り出す、
まぎれもない人気作家なのである。
時代小説を活躍の舞台に、
「北町奉行所捕り物控」だとかシリーズものも多数手がける。
なのに僕は、これまでただの一冊も、読んだことがない。
歴史・時代・伝奇小説も結構読んでいると思っているのに、
本当に初めてなのだ。

長谷川さんは1949年生まれで
1980年に群像新人文学賞を受賞し、
1981年には芥川賞の候補になっている。
その後時代・歴史小説に軸足を移し、2000年に本作を発表。

さて、この作品は理屈抜きに面白い。それでだけでいいと思うのだ。

時は武田が諏訪に侵攻しようとするころ。
謀略で芦田氏を内紛に導き、自陣営に取り込む。
内紛により弑逆される城主の嫡男・喜久丸は落ち延びようとするも
討手に囲まれ絶対絶命の窮地に音いる。
その危機を救ったのは、一人の男、
落としの七つと称される「七つ家」の市蔵という。
喜久丸は、山で生き抜く術を市蔵から学び、
仇討つ機をうかがうこととなる。

武田の野望は諏訪家を追い込む。
頼重の室に収まっていた晴信の妹は、兄の酷薄を知るため、
子・寅王を父・信人らがもとに逃すべく「七つ家」を頼る。
落とす「七つ屋の前に立ちはだかるのは武田の忍者「かまきり」。
「七つ家」と「かまきり」の激しい戦いがはじょまる。

話は横にそれるが、
65歳前後の男たちは忍者にあこがれた世代である。
幼少期には「伊賀の影丸」「カムイ電」といった漫画にはまり、
「忍者部隊・月光」なんていうドラマを見て育った。
(どう考えたって自衛隊のレンジャーとしか思えない)
長じては山田風太郎作品に魅せられたりしている世代なのだ。
だから「嶽神」シリーズには必ずはまるに違いない。

異能力を持つ「かまきり」たちに、山の者の知恵と技術で立ち向かい、
秘術を尽くしての各党が活写されていく。
これは本当にはまる。

元は「南陵七つ家秘録 七つの二つ」の題だったわけだが、
(改題し「血路 南陵七つ家秘録」再改題「嶽神伝 結露」)
七つ家の二つとは誰なのか、喜久丸の仇討はどうなるか、
一冊の中には医いているエピソードも満載。北条家の風魔も絡んでいる。

「嶽神」シリーズでは時間的に初めに位置する。

デート・ア・ライブ 20 十香ワールド2019-04-15

橘公司   富士見ファンタジア文庫   650円

別にバカにしているわけではない。ライトノベルというものを。
軽く読みこなせる作品であるというのが悪いわけではない。
子供が好きになるのもわかる。
地の文が少なく会話が主体になるというのも問題ではない。
そういうのも一つのありようだろう。
絵面がないと、何を書いているのかわからないのは、
そういうものだと割り切ればいい。

それにしても、この作家は進歩がない。
進歩をあえて避けているのか、進歩できないのか、
どちらであれ文が変。
むつかしい単語・古い言い回しを多用するが、
なんだか使われ方がおかしい。違和感がある。
同じラノベ作家でも、もっと自然に書いている人もいるのに。
なんでこういうことするんだろう。
どうだい、こんな言葉だって使えるんだぜ。
読み手へ自慢でもしたいのかしら。
そんなように想えて白けてしまう。

人型の(それも美少女)精霊と呼ばれる存在が
空間震という災厄を起こし人々の脅威となっている。
その精霊をデートし好感度を上げてキスして封印する。
そういう物語だったはずが、何がどうなってか、
精霊を守る組織と精霊を殺す組織の戦いになり、
殺す側は、その精霊の力を暴走させ、
新しい世界を作ろうとしていたとなり、
さらに始原の精霊なるものがいて、
その思惑から人を精霊化してきていたと、
目まぐるしく超展開してきている。

もともとはSF好きだったから、
荒唐無稽が受け入れられないのではない。
ご都合主義的に変化していくのが、どうにも慣れない。
アニメーション化すれば変身シーンなどで見せることも可能だろうし、
美少女たちのギャップあるありように萌えを感じさせられのもわかる。
売れるから勝ちだ。でも…。

長かったシリーズは。時間が最終巻になるとのことだ。
広げに広げたメインの伏線はこの巻でほぼ一挙に回収した。
強引な回収なので、細かな点で矛盾が残るが、
まあ、こんなものでよいのだろうね。
あとは復活祭ですか。「電影少女」的にする気かしらん。

毒にも薬にもならないと知りながら読み続けてきた。
読み始めた以上、決着するまで読み続ける。
そういう主義を捨てたいと思った作品でした。
頭の固くなった年寄りが読むものではなかった。
OVAやコミック化に興味がないものにはきつい作品でした。
作家に望むことは、もっと単語を自然にすること。
でないとラノベから脱却した作品を書き始めても読む気にはなれない。

傀儡に非ず2019-04-18

上田秀人  徳間時代小説文庫  710円

上田秀人は1959年生まれだそうだ。
時代小説ばかり100タイトル以上書き上げている。
本業は歯医者さんというのに、この著作集、活力ある人だ。

「天主信長」裏・表くらいしか読んだ記憶はない。
あと「孤闘 立花宗茂」も読んだかもという程度でしかない。
その程度しか知らないので、多くは語れない。

「天主信長」で、本能寺の謎を復活をもくろむ信長の自作自演が、
忠実な光秀により実行に移されかけてをいたが、
信長に恨みを持つ黒田官兵衛が秀吉を唆し暗殺させたという親切で解いたように、
本作では荒木宗重の謀反が、やはり信長の自作自演だったとする過程で書かれている。

本能寺の衝撃が大きい分、ややもすると見過ごされがちな事件に、
摂津・荒木の反逆があげられる。
織田軍団の中で有力な武将の一人にのし上がっていた村重だが、
本願寺に兵糧を横流しした家臣がいたため、
信長の叱責を恐れて離反したとか言われている。
しかし、離反後は本願寺と連携をとる動きが見えないばかりか、
別所・波多野と連携を取り積極的な軍事行動を起こすでもなく、
ただ籠城し自滅していくのである。
籠城の末期には有岡(伊丹)から一人抜け出ている。
その後は毛利の元まで落ち延び、信長の死後茶人として畿内に戻っている。

少なくとも中央にいて、松永弾正などの破滅を知る男が、
何もしないまま、一人落ち、生き永らえたとするには、
他の名を惜しむ者たちの滅びに比べ、あまりに無様に過ぎる。
そうしたなぞに対する答えを、
「天主信長」で行ったと同じく、仮説を立て書き進められたのが本作である。
ついでに言えば松永弾正も同じ境遇にあったと村重に語らせる。

それなりに説得力のある仮説に基づく物語であるが、
能登に一族の女たちが惨殺されるなどした史実から見たら、
村重の行動に同意する気にもなれず、
その結末に暗澹とした思いを与えられた。

「天主信長」といい、本作といい、
筋立ては面白いのだが、最後の部分で不快を残してしまうのが惜しい。

まこらが来て一年が過ぎた。2019-04-20

「まこら」が来て一年が過ぎた。
ちょうど一年になろうとするころ、
元気だけがとりえの「まこら」が腸炎になった。
2週間かけて復調したが、
その後、少し変わって気がする。

とにかくひたすら元気だったのが、
落ち着いて見える。
何なのかね。

「はいら」は、右後肢にできたできものがひどくなっている。
いよいよ各所の腫瘍が暴れ出し始めているのか、
それとも舐めすぎで雑菌が入り込んでいるだけか、
気になるところだ。

舐めるのは、ムーンカラーなり、バイトのっとカラーなりで
防ぐことは可能なのだが、
いかんせん「まこら」がしつこく舐めに行く。
引き離すとどちらも泣いて呼び合う。
さて、どう対処するか。

Re:ゼロから始める異世界生活 19 & 短編集42019-04-22

長月達平   KADOKAWA MF文庫J  540円、620円

なんだかんだと言いながらも読みつつけているライトノベル。
読み続けているのだから面白みのあるところはある。
が、ほんまにこんなの読んでいていいのかいと思う自分がいる。
年齢とあってない。文が下品と感じる。設定も。

ネットで公表したほうはすでに完結しているようだが、
著者曰く、書籍化にあたり発表分とはやや異なるところがあるらしい。
この人の文は、橘公司と比べると、自然に書いているなと感心する。
妙な背伸びと感じるところもなく、さらっと読める。

敵役といえる魔女教の首魁級の存在が大挙現れ、
それらとの戦いが陣営の垣根を超えた協力で行われる。
通常ならクライマックスが近いとうかがえるが、
はたして?

異能力者に立ち向かう無芸の普通の人間が大暴れするという構図は、
鉄板にして定番だよな。
ある意味チート(強力な能力を付与された状態)ものといえる。
主人公と出てくる女性が美人ばかりで、
それらから平凡なはずの主人公が心寄せられる設定も鉄板。
ストーリーにバリエーションは多々あれども、
基本がほぼ共通というのが、好まれる要因なのか。

短編集は、エミリア、スバルを軸にした展開の中では描き切れない
他の王選候補者たちの内実が描かれている。
読んでいなくとも本編は読み進められるが、
読んでいたほうが関係が理解できるので、
物語を楽しむうえでは必要なエピソードと思う。

幕末まらそん侍2019-04-22

土橋章宏   角川春樹事務所(ハルキ文庫)  600円

2015年に文庫化されている。
つい先ごろ映画が公開されて話題になった。
「超高速!参勤交代」が映画化され、注目の作家のひとりになり、
本作に続き「引っ越し大名三千里」も映画になる。
1969年生まれで、小説を書く前は脚本を手掛けていたらしい。
小説は時代小説が多いが、現代ものも手掛けているようだ。

新たな創作というより、
先人たちの創作を再構成しているようにも見える。
「幕末まらそん侍」が扱う「安政遠足」は
1956年に同史実を基にした映画が製作されている。
近作の「駄犬道中おかげ参り」も、多くの先行作品がある。
新境地を切り開くことより、こういう料理の仕方もありますとの感じか。
司馬遼太郎的歴史小説ではなく、
最近主流の史実を踏まえつつも、途中史実から発想を飛ばせ、
史実からの逸脱を避けつつ、別な物語にしてしまう作家なようだ。

さて、この「安政遠足」は日本初のマラソン大会として紹介される。
下記に「スポーツ紙研究」誌上で原典が紹介されている。
http://sportshistory.sakura.ne.jp/publication/history30/history30_79_86.pdf
これを巧みに料理しているのだが、
著者がどこをどういじって仕上げたか、比べてみるのも面白い。