モンスターマザー2019-05-18

長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い
福田ますみ   新潮文庫   550円(税別)

「でっち上げ」に次ぐ、福田さんによる教育現場における、
保護者と教員たちとの意識のずれからくる混乱をルポしている。

「でっちあげ」でも、本書でも、
異常性を持った保護者による、異常な事例とみる向きもあろうが、
実は学校という場に勤務する教員たちの思考特性や行動原理と、
一般社会のそれとの隔たりが手が付けられない領域まで
広がってしまったのだろうと読める。

とりあえず保護者の立場をおもんばかり引く教員。
彼らの基本スタンスは話せばわかりあえるというものである。
が、世の中は、話し合いではなく、主張しあうことで成り立っている。
丸いものを四角にする理不尽であれ、認めさせれば勝ち。
日本の社会のありようは訴訟社会に近づき続けている。
性善説の幻想の中で動く特殊な社会が学校で、
謝ったら負けの世間とはずれてしまった。
教員たちは理不尽な主張をされた時、
学校文化に縛られ対抗することができなくなっている。
そういう現実を突きつけられている。

こうした側面は以前より内包室続けてきた問題だ。
圧力団体や反社会勢力が絡んだ時、
学校という組織はほんとに弱かった。
譲歩に譲歩を重ね、無理を通さざるを得なくなる。
学校ではないが、児相が批判される最近の児童虐待死でも、
同様の構図がありそうに思う。

この書籍が取り扱う事例は、
親に支配される未熟な精神しか持てない発達障害を抱える高校生と
子を支配しはするものの、
自分自身の教育力が足りず無力であり子の負の部分のすべてを
学校に押し付けようとする保護者の心理に端を発する。
この保護者が虚言癖を有しているから始末が悪い。
自殺を試みたと言い張り、無理難題を要求する。
そこにマスコミの取材力のなさが加わり
思い込みや受け狙いのコメンテーターにより事件化させたうえに、
さらに人権派弁護士が当事者同士の言い分をよく吟味しないまま、
一方的な主張を事実として発表したため起きた悲劇である。
この本で知る事実は喜劇としか思えない。

「でっち上げ」と本書を通してわかるのは、
教員たちの置かれている環境は、
不適格な教員を内在していることもあり、
たたかれやすい状況にあるという点にある。
また、学校内の文化が社会のありように大きな隔たりを持つ点にある。
保護者であれ、生徒であれ、
その思いに教員が真正直に向き合えば向き合うほど
陥りかねない危うさがそこにあるようだ。

教員の働き方、部活動の在り方、家庭・地域との関係など
学校が抱える課題は多岐にわたる。
教員養成プログラムの見直しも含め、
対策は急務となっているのだろう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kumaneko.asablo.jp/blog/2019/05/18/9073852/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。