カセットデッキが壊れている。2019-09-12

保有ソフトのデジタル化は3000タイトルを超えた。
昔、ライブをでんすけ等でとっていたものも含めたテープ音源も
いよいよデジタル化しようと、
カセットデッキに本当に久しぶりに電源を入れたら、
なんてことだ、テープが回らない。

モーターがおしゃかになったのか。
駆動系は何とか生きていて、ベルトがだめになっただけなのか、
なんにしても動かない。

入力は生きているようで、モニターにしたら
レベルメーターは反応している。これがTC K222ESJ
もう箸にも棒にも筆禍らないのがTC-D5M(デンスケ)
電源は入るが、やっぱりどうしようもないのがLoD D-W200.
出力を持つカセットデッキは全滅だ。

新しいデッキを求めようにも、ほとんどがしょぼすぎる。
TEACのCD/ カセットコンパーチブルが、
唯一というありさま。

買うも能わず、悩んでいたら、
販売店からSONYに相談してみてはいかがとアドバイスを受けた。

その言に従い、一昨日、サービスセンターに持ち込み依頼してきた。

カセット以外でもミニディスクも現行機種が見つからない。
レーザーディスクも現行機種はないから、
レーザーディスクのアーカイブ化も困難。
バックアップを外注に出すくらいなら
DVDに買い替えたほうが安いくらなので
この辺りも悩ましい。

20年ほど前に、セレナに乗り換えの際、
一部テープについては、将来再生機がなくなると恐れ
MDに落としておいたが、そのMDが絶滅危惧種。
MDデッキも引っ張り出して動作確認をしなければ。
MDデッキもTEACくらいでしか生産していないようだ。
MDはカセットと違って機材ごとの差は小さいと思うので、
修理までしようとは思わないが、
動くなら、ファイル音源化してしまわないと。

春一番などについてはCDに落としておいたから、
音源としては生きている。

このまま進めば、音楽は配信だけになるのだろう。
ディスクは、一部のコアな愛好家はいる間は販売されるのだろうが、
いずれ配信に淘汰されてしまうのだろう。

さみしいなあ。

アンプが修理に2019-09-12

「はいら」の足がますます悪くなり、階段の上り下りができなくなってきた。
そこで2階での就寝をやめ1階で寝ることにした。
それにより音源化作業も一階で行うことにした。

DS DAC 10Rwo買い増し、メインシステムに接続、
いざ音源化しようとしたら、
RECセレクターが反応しない。切り替えができない。
長らく録音することなどなかったから以上に気が付かなかった。
いつからなのかもわからない。

電源のON/OFFでポジションは一つずつ進んでいく。
その時の信号には異常がないようだ。

25年たつのだものなあ。故障も仕方ないか。
新しいのを物色するか。
でも20万くらいしか出せんよな。
どうせ耳も壊れてるんだし、
無理してハイエンド機にこだわるのは意味がない。
プリメインアンプの楽さから候補はマランツPM12
川口無線で相談してみた。
PM12もよいアンプだけれど小音量では
低音が物足りないかもしれない。
S-3100との関係からなら立ち上がりから豊かな音量を示す
L-505uXILUXMANのかIL-550AXIIが良いのではとアドバイスされた。

購入を決意し、MA6800の症状を話すと、
一度修理を検討したらどうかという。
マッキンの音が好きなら、やっぱりLUXMANにしろMARANTZにしろ
十分に満足が得られるか疑問だし、
マランツでの買い替えならMA7200MA5300だろうが
予算的には数倍になるし、現代的な音にかわっているから
ちょっと感覚が変わるだろう。

で、MA6800を修理に出すことにした。

驚いたことにMA6800は中古市場で30万くらいしているではないか。
川口無線では「買った時より高価になっているくらいの…」
と言われたが、冗談だろうと思っていた。いやはや驚いた。

今2階からPM16を下ろしてきてS-3100を鳴らしているが、
音ははっきり変わる。
パワー的にはほぼ同等なので問題なくなっているのだけれど、
高音域の広がりと低音の豊かさでMA6800に及ばない。
今は違和感なく聞いているけれど、
変えた直後は物足りなさを感じた。

さて、修理代はいくら程になるやら。

いろいろと大変だ2019-09-12

リンパ腫と肺がんが宣告されてから1年4か月経つ。
肺がんのほうは徐々に大きな影になってきている。
何とか呼吸がしんどくなるほどひどくはなっていない。
リンパ腫のほうもまだ暴れてはいない。

だが右後肢の第二指にできた腫瘍は、
とてもひどくなってきている。
7月までは歩行もできていたのだが、
8月に入って歩くことができなくなってきた。
なんとなれば3本足での歩行になり、
長い距離は歩けそうにない。
せいぜいが100歩。それ以上は動けない。
ウンチもするのをためらいがちだ。

それ以外でも、興奮芋腫瘍上のできものができている。
首回り、肩口にもよくないできものができている。
全身が主要だらけになったといってよい。

一時は食欲が極端に落ち、わずかひと月で家移住が6キロ落ちた。
これでは頑張れないから、獣医で相談しステロイドの服用を始めた。
それからは掌に載せて食べさせると、
鶏むね肉一日200-240グラムと、
カリカリを200-230グラム食べるようになった。
おかげで表情に生気が戻ってきている。

歩けない、起きにくいは、
アイバロで「楽楽介護カート」と
着たままねんねのハニカム動議」を購入し、
日々の生活の質の確保に努めている。

「そらん」に買ってやった「ハニカムつなぎ」も、
そらんはわずか3日しか使えなかったが、
サイズは「はいら」にぴったりだったから使用している。
そらんのために購入した各介護グッズは、そらんは急激に悪くなり言ったしまったから活躍の場がなかったが、
「はいら」のために十二分に使うことになりそうだ。

一時は12歳の誕生日を迎えることがないかと覚悟していたが、
もしかしたら13歳の誕生日を迎えられるかもと、
かすかな希望を覚え始めている。

介護カートに乗せ、一日一度近所の公園まで連れ出し、
草木を感じさせてやる。
すると少しだけでもカートから降り、ウンチとしっこをし、
地面にすりすりもする。
その予期の表情は「はいら」にしたら最上級のうれしい顔をする。

いつまでこういう時を過ごせるのか考えることはしない。
できることがあるならさせてやろう。

カートでの散歩には「まこら」も同道する。
案外いい奴で、カートの速度にできるだけ合わせている。
突然飛び出したりもせず、
カートを押す邪魔はしない。
あほな奴だと思っていたが、存外に賢いのだ。