デッキは修理できなかった。2019-09-20

SONYからの連絡ではベルトが切れているが
保安部品がないので修理不可能ということだった。
予想通りの回答であるが、やや落ち込む。

なんせ新しいデッキは入手できないのだ。

CD化していないテープmp相当数ある。
音源化の一環としてMDに落としていたものもあるが、
MDももはや絶滅した。

試しにMDもつないでみたが
あらあらディスクを読み取らない。
あちゃちゃちゃちゃ。
MDデッキも入手困難だ。
さて、どうしたものか。

技術力などこれっぽっちもないが
代用部品を購入して
一か八かで修理に挑戦してみるか。

この事態に、
いかにレコードが魅力あるものだったか
あらためて痛感する。

レーザーディスクもカセットテープもMDも
結構沢山あるのに、再生機がないとどうしようもない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kumaneko.asablo.jp/blog/2019/09/20/9155870/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。