パソコンは耐久性低し。2020-05-31

PC8800mk2から始まったパソコンがある生活。
PC-9821Cb2、PC9801RAほか全6台のデスクトップと、
型番は忘れたがNECのLAVIE,富士通のWIN98機に
Gateway、東芝DYNABOOK 、NEC・NS100というノート。
これまで11台ものパソコンを購入している。

初めてパソコンを持ってから40年近くがたつ。
時間ばかり長いが、スキルは低いままだし、
ハード面でトラブルが出たら、対処ナシが実情だ。

主な利用はワープロとゲームであり、
ネットを利用しだしたのは25年ほど前、
デジタルカメラに移行した20年前から画像処理、
10年ほど前から表計算を少し、
5年ほど前から所有する音源のファイル化、くらいでしかない。

基本的にハイスペックなものは必要とは思っていないので
ここ20年は10万円を超えるものは買っていない。
具合が悪くなったら買い替えればよいという発想である。

にしても、3-5年に一台購入しているのは早すぎのように思う。

WINDOWS時代になってから、
なんといってもCPUの進化は早いし、
ストレージの巨大化は驚くばかりなのだ。

この前には、買って3年のDYNABOOKが不調になった。
立ち上げに時間がかかりだし、ついにはフリーズして動かない。
ネットを参照し、対処してごまかし、ごまかし動かしていたが、
ついにはリカバリーするしかなくなってしまった。
WINDOWSSを入れなおし、
すべての環境を再構築し、
なんとか元のように動き出した。
これであと2年は無事に動くだろうと思っていたのに、
何てこと1月ばかしでまた立ち上げに時間がかかりだした。
ついにはフリーズ状態になった。

こちらはネット閲覧やメールの送受信に使うわけでもない。
わずかに年賀状作成とたまに写真処理、
あとは音源化のみの利用だ。
悪意ある攻撃にさらされる機会はほとんどない。
なのにこの体たらく。

ハードディスクに問題があるとにらんでいるが定かではない。

修理に出そうかとも考えたが
買ってからちょうど3年たつ。
保証は切れている。
ハ-ドディスク不良だとしたら
技術料込みで2-3万はいりそう。

あきらめて新品を買うほうがよさそう。

短期間技術革新が起こりハード面が進化する。
それに伴いソフトは冗長になる。
対して高度なことをするわけでもないのに、
ごちゃごちゃ肥大化しまくった機械を購入しなければならない。
そういう不完全な家電品がパソコンの本質とはいえ、
こんなじゃスマホに主座を明け渡してしまうのも仕方ないよな。

音源化用にはACER・NITRO5を購入しました。12台目です。
ストレージがSSDなので立ち上げが速くて快適です。
価格は11万ほどと、少し予算御超過しました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kumaneko.asablo.jp/blog/2020/05/31/9252709/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。