妙な釣りメールが来た。(いつものこと)2020-10-17

二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。

上の表示のメールが送られてきていた。
送り主の表示は
「総務省 <info@soumu.xx。xx>」
xxの部分は政府機関などが使うもの。
まあ装っているだけで、
中身を見たらきっと別なものが隠されている。

見に行く気もないし、話に踊らされるほど無知じゃない。

だいたい政府が個々人のメールアドレスを把握しているはずがない。
内容の事業であれば報道機関からリリースがある。
これに騙される人がいるなんて信じられん。

でも、もしかしたらと思わせる興味深い話だから
ついうっかりリンク先を見たりする。そういうことは考えられる。
まあ僕自身ひっかっかっていろんなものを植え付けられた経験がある。
偉そうに言えた柄じゃない。

電子取引なんて穴だらけと思っているから口座はない。
だから安心していたら郵貯をはじめやっちゃってくれてます。
取引していないのに被害にあうとは恐れ入る。
やめてくれ。何しでかしトンのじゃ。

PCから盗み出される情報なんてあまりない。
それでも実害は今でも受けている。
PCが重くなったなあと思ってあっちこっち探してみたら
妙なところに妙なものがこっそり埋め込まれている。
スマホでも同じことが起きていると思うとうんざりする。
(だから僕は今でもガラケーだ)
知らぬ間にいろんなものを盗み出される人が、きっといるんだろうな。

今政府はデジタル化を推し進める気満々だ。
前のめりになってキャッシュレスや印鑑廃止を通じた
社会制度の急速な転換を実行しようとする。

マイ・ナンバー・カードで口座が紐づけられる。、
メール・アドレスなんかも紐づけられことも考えられる。
狙うものからすれば、ウハウハしているんじゃないか。

あまり急いで社会の仕組みを転換させようとすると、
システムは安定しないままの見切り発車の様相になる。
そうなったら不完全なシステムの穴はいたるところにできる。
まさに草刈り場を作ってしまう。

頼むから腰を据えて制度設計をしておくれ。

いまでさえフィッシングにステルス・マーケット、
やりたい放題、し放題。
特定ドメインが詐欺行為のジャンプ台とわかってはいても規制できず、
楽天も、アマゾンも、大手金融機関も
いたるところで名が騙られ被害が出ている。
で、対策は注意喚起のみという現状。
今度は政府まで名を騙られる。

焦らず、腰を据えた制度設計をしてもらいたい。
相手は1万件送って1件ひっかっかってくれたら採算が合う。
個人で防御なんて、知識があっても不可能です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kumaneko.asablo.jp/blog/2020/10/17/9306620/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。