ケフィアなんてなんで信用したんだろう。2019-02-07

ケフィアグループが破産して、
今は詐欺だったじゃないかと報道されている。

実はうちも母が引っ掛かっていた。
5年か6年前か、いやもっと前か。
ケフィアから頻繁にダイレクトメール(郵送・宅配)が送られてきていた。
最初は市田柿の販売だと思っていたので見過ごしていたが、
ある時卓上に置かれていた案内を見て出資を募っていることに気づいた。
問いただすといくらか出資したという。
基本、親の判断でしていることに口を出さない。
そういう方針なので、
この手の出資を募る行為は非常に危険であること、
著しく金利が高いものは、信用してはならないと指摘し、
今回の出資金が戻り次第、以後出資をしないほうが賢明だと伝えた。
母はわかったといったので、やめるだろうと思っていた。

そこから数年後、
やはりケフィアからのダイレクトメールが置かれていて、
内容を見るとケフィアビル(東京)のビルについて出資を誘うものだった。
驚いて親に問いただすと、出資し続けていたと判明した。
今回のものにも出資しようと考えているという。
この時点での出資額は数百万。
ビルへの出資も同規模を考えているという。
さすがに放置できないと思い
内容を吟味し、詐欺性があるかと調べてみた。

その結果、(以下は不正確な用語の羅列になる)
グループは地方産業活性化優良モデルに選出され、
会長は長野県の産業政策委員だったかになっていて、
そうした実績を過度に誇張していること。
本来地方にあることを理念にしていたのに東京に進出し、
グループ企業化することで大きな成長をうたっていること。
などの点で、強い疑いがあることが分かった。
またビルの出資については、
金融の世界では有限のものに募ることは合法であるが、
無限に募れば違反であることも分かった。

有限の定義はいろいろあるが、
出資した会員などでないと違法性が疑われるもので、
市田柿の農地拡張に出資したことで、
無理に有限の範囲に落とし込もうとしていることに気づいた。
ビル本体の資産価値については、
中層程度の大きさで、ビル内に入居しているのは
ほとんどがグループ企業でしかないこと。
さらに地図で確かめてみると敷地的には
大きくなく建て替えなどに適した大きさとは思えないうえ、
仮に高層化が可能なものと見込んでも、1フロアごとの面積は狭いため優良企業のオフィイスに使用することも困難と思われることなど
とても資金を高配当を行い集め、
拡張取得する価値が見当たらないと判断した。

グループ企業については20社近く書いていたが、
実態があるのは市田柿の通信販売を含め数社程度、
その数社以外については事業内容が明示されていない。
また、求人を含め、ほとんど情報がない。

ネット上にも、いくつかはホームページなど設置しているが、
代表取締役、従業員数、会計報告等が未記載であったり、
役員に重複がみられる。

どう考えても同じ会社所在地に
その数の企業は入りきらんやろというありさまである。

主事業であるネット通販の利点は
地方に拠点があることで諸経費の節減が行える点なのに
わざわざ東京に進出する意味がない。

権威をかさに、事業を過大に誇張し、集金事業に精を出す。
どう考えてもまともな事業ではないと判断した。

で、母を叱り、新たな出資はやめさせ、
さらにケフィア事業本部に電話し、
出資金の即時返却を要請した。

電話口では説明をしてきたが、
ビル出資の件は違反事案ではないかと伝えると、
黙り込んだ。
そんな企業を信用することができると思うのかと重ねると
返金しますとの確約を得た。
こののちはケフィアグループからの
一切の連絡を拒否する旨を念押しして
ケフィアとの関係を絶たせたのだ。
金利がない時代に5%は射幸心をくすぐりすぎる。

事後には、母にケフィアへの出資を
知り合いなどに薦めていないか確認し、
幸い誰にも勧めていないという返答だったので決着とした。

ケフィアは以後一切の連絡をよこしてこなかったので
その点ではこちらとの約束は履行された。

さて、ケフィアの事案は、
僕程度のものでも不信感を抱かせるものだった。
おそらく不安視していた人たちは多数いたと推察する。
中には監督機関などに聞いた人もいるだろう。
かなり疑わしい行為が頻繁に行われているのに、
実際には放置され続けてきたわけである。

原野商法も、和牛の件でも、
広く高金利を餌に出資を募り破たんしたものは数多くある。
これらのものの規制・監視がなされない現状こそが問題だと思うのだ。
たいていの場合、それら事業者は権威を隠れ蓑に使う。
行政の中で、経済界の中で、政治の中で、
一目置かれている存在であると喧伝する。
中には無断で行われている虚偽実績もあろう。
少なくとも権威が介在し推薦すると、人に安心感を与えるのである。
そうした権威は不断に情報収集を行い、
権威を利用させないよう努める必要があると思うのだ。
そのなかで法に抵触するような事案に、
警鐘を鳴らすべきだと思うのだ。

そうでもなければ、また引っかかってしまう人が出ると思うのだ。

とほほ、PC壊れた。2019-01-18

5年前に買ったゲートウェイのパソコンが
少し前から立ち上げ時にフリーズするなど、
動作がおかしくなってきていたのだが、
ついにまともに動かなくなってしまった。

ダイナブックを音源専用にしていて
〈こちらはofficeがない〉
他の諸作業を担わせていただけに困った。

画像処理に文書作成ネット閲覧ができない。
画像処理やネット閲覧はダイナブックでもできるが
Officeがないためなんもできん。もう一台いる。
で、7万弱でNEC PC-N100を買ってきた。

セットアップして使い始めると
マイクロソフト
ONE DRIVEにあった情報を取得できるのはいいが、
パソコンごとに設定していたIDが統一されてしまうは
面食らう事態が多数発生する。

おまけにWindows10の挙動は驚くばかり。
Outlookのアイコンが多数できてしまうは
タイルのメールはOutlookとリンクしないはわけわからん。
解説書見なあかん。
ここまで混乱したのは久しぶりなのだ。

OSが変わってもこれまでは解説書見なくたって何とかなっていたが、
さすがに基礎からやり直すしかないか。

動かなくなったほうのゲートウェイは
困ったことにOFFICEのプロダクト・キーが見つからない。
復活させたとしても音源用に使うほかないか。

修理の詳細は2018-12-25

DCD1500REが不具合があり修理に出し、
その後は普通に動いている。
何が悪くて、何を修理したのかわからないので、
実は問い合わせをしていた。

結論から言うと、部品の歩留まりの問題なのか、
レーザー・ダイオードが不具合を起こしたということらしい。

なんだ、初期不良に近いやんけ。
と、思うのだが、どうなんだろう。
回答は丁寧だったので、立腹にはつながらなかったが。

「(略)技術的なお話は逆に必要無いという、
お客様のご意見もございますこと、ご理解いただきたく存じます。」

と回答にあったが、
技術的な話を聞いているのではなく、
何が悪くて、どう修理したか、知りたいのある。
トラバース交換とあるだけでは
ずぶの素人にはわからんやろといいたいわけだ。
そもそもトラバースとは何ぞやという人も多いだろう。

回答には
「、トラバースとはCD/SACDピックアップと
スピンドルモーター/ターンテーブル、ピックアップスライド機構が
一式になった部品の総称でございます。」
と記載されているように、
知らない人は知らないと、メーカーもわかっているわけだ。

だから、修理内容を見たときに
何処が不具合を起こし、
その修理をするのにこの部品を交換しましたと
知らせてほしいということなのだ。

治ったからいいだろうではなく、
続けて使用するうえでの参考情報が欲しいのだ。、

「レーザーダイオードの不具合であると推測されます。
レーザーダイオードは、半導体であり温度特性があります。
工場出荷時では温度特性が
適正値であることを確認されて出荷されますが、
何らかの原因により時間経過で
レーザーダイオードの低温時性能に問題が発生したと考えられます。
残念ながら、部品個々のバラつきであるという
ご説明になりますことご容赦いただきたく存じます。」

保証期間が1年と明記されていて、
2年経過しているから修理代金が必要といわれれば、
そこは認めるしかない。
それでも通常の使用環境で部品の不具合があるとしたら、
(消耗部品除く)
そこはメーカーの責がかなりあると思っている。
もう少し最初から親切な対応を心掛けてほしいものだと思う。

アナログ機器だけの時代とは状況が変わっている。
デジタル機器は、素人にとってはブラック・ボックスでしかない。
経年による劣化以外に判断する要素は少ない。
新しい機器に買い替えるべきか、
修理して使うかは、
5年が判断の分かれ目だと考えている。

5年をこえて不具合が出れば買い替えが基本で、
5年以内は修理を基本にしている。
メーカー保証期間は、通常の使用環境であれば、
どのような故障であっても、メーカーの責任であるし、
2.3年まではメーカー側の責任が大きいと思っている。
初期不良なら、無償修理だろうという気になる。
修理が有償になるか、無償になるかは、
それぞれに主張があるので、
絶対に僕の考えが正しいという気はない、
有償もやむを得ないのだろう。

だけれど、やっぱり説明だけはちゃんとしてほしいのである。
世の大半の人もそういうものだと思っていたが、
僕のような人種は少数派にすぎなくなっているのだろうか。

CDプレーヤーなど、生命に危険を及ぼすことのない嗜好品だ。
車などと同列に比較してはいけないのだけれど、
エンジンやトランスミッションに当たるのが
唯一の可動部品といえるピックアップ周辺の部品だ
その動作保証が一年しかされないのは、
メーカーも少々甘えが大きいようにも思う。
そう考える僕が甘いのか。

たかだか2万の修理代金でぼやくなと叱られそうではあるが、
新品で買って15万の代物でしかない。
運が悪かったとあきらめて買い換える裕福さはない。
修理代だって痛い。5年は普通に動いてくれよ。
そういうところからくるボヤキなのである。

SL-P7みたいにななったら、泣くよ。ほんまに。
ナショナル製品は、あれ以来買わない。
デンオンまでそんなことにならないでくれ。
もう故障すんなよと願わずにはいられない。

CDプレーヤー修理完了2018-12-13

DCD1500の修理が完了し、戻ってきた。

最近の修理事情というのは、何も書かないのかと驚いた。
作業内容として「トラバース交換」とあるのみで
欄はあるけれど部品代や技術料の明細表示がない。
交換した部品名は表示してあるものの
不具合に対して、原因がはっきりわからず、
その部品を替えなければならない理由が推察できない。

今回の修理内容から推察できるのは、
CDピックアップ部を動かす部品の不具合だ。
可動部分ということで故障は仕方のないことなのかもしれないが
製品の性格上、心臓部にほかならず、
そこがわずか2年で不具合になることが、そもそも理解しがたい。

そもそも家電製品が、通常の使用条件において、
5年以内に動作不良することが、僕はおかしいと思っている。
消耗部品が2-3年でへたることはありうると思っているし、
ハードな使用や想定外の操作環境にあれば、
それは起きても仕方がない。
そういうのは使用者の責任だと思っている。

使用にあたって市販音楽CD以外は再生していないし
その枚数もトータルで300-400枚といったところでしかない。
設置しているラックはハヤミのもので、
かなり堅牢なものであるし、設置後移動もさせていない。
筐体に無理な力も加えていない。

そんな状態で使っていて故障するようでは、
製品として信頼できるものではあるまい。

買った時からCDの読み取りに時間がかかると思っていた。
SACD対応のため判別に時間がかかるものと思っていたから、
読み込みが遅いのは製品の特長だと思っていたが、
修理後には当初より時間が短縮されたような気がする。
そうだとすれば初期不良だったかもしれない。

トラバース交換をしたことで不具合が治ったのだから、
文句を言うべきではないのかもしれない。
が、ピックアップの不具合が時間経過で正常になるというのは
オカルト的に思える。
可動部分の不具合ならずっと症状は出続けるように思う。
修理内容以外にも問題があったのじゃないかとの疑念が残る。
対症療法で治ったといわれるだけで納得しろというのは、
少々というより、かなり不親切な対応だと思うのだ。

いつからこんなに説明をちゃんとしなくなったのだろうか。

どうにもCDプレーヤーと相性が悪い。2018-12-05

一部のオーディオ機器を除いて、使い始めて20年以上がたつ。
そろそろご臨終するのは理といえよう。

CDはメインのMERIDIAN 508が一昨年に御臨終した。
トレイのローディング不良から、再生不能に至った。
そのあとにメイン使いするためにDENON DCD 1500REを購入した。
今現在はサブシステムにつないでいるが、
将来はメインに戻そうと思っている。

どうにもCDプレーヤーとは、僕は相性が良くないらしい。
買って2年目で、そんなに使用頻度も高くないというのに、
早くもトラブルだ。
SL-P7はひどすぎたが、充分今回もひどいなと思う。

1か月あたり20枚程度の使用で、
しっかりしたラックに収めて使っていたのに、
3-4か月前か、もう少し前からか、
CDの認識に時間がかかりすぎるような感じがしていた。
それがこの1か月で目に見えて顕著となり、
このところスイッチ・オン後の一度目は
NO DISC表示されるようになった。

電源を入れて30分も通電した後は正常に動く。
すぐに再生しようとしたらNO DISC表示されるも
2,3度繰り返せば読み込み再生が可能となる。
そういう状況に相成った。

サービスに電話したら、修理に出すよう求められた。
だから製品の癖ではない。

ピックアップ不良なら、時間経過によって正常に動くのは考えにくい。
ソフトの問題なら、同一ソフトじゃかならず同じ症状が出るんだろう。
基盤などの異常発熱なら、筐体を触れば想像できるが、それはない。
さて原因が全く想像できない。

月曜に修理に出したが、
どんな結果が出されるのか、
保証期間外になってしまったが、
修理費をどの程度求められるのか、
今から少々立腹モードになっている。

無茶なことは言うつもりはないけれど、納得のいく原因と対策、
そうしたものが得られないと不満爆発しそうなのである。

パソコンも含め家電品であれば、
通常の使用方法で5年は動作保証してほしいと常々思っている。
CDプレーヤー以外の製品で、
修理に出さなければならない家電製品に出会ったことは、
ほとんどない。
パソコンですらSO-TECのもの以外ではない。
(今使っているノート)はバッテリーの初期不良があった。
一年経過していたが無償保証を受けた)

そういえばMERIDIANも購入後2年で一度故障しているのである。
なんでCDプレーヤーだけ3度もこんなことになるのだ。
使った6台のうち3台が2年以内で故障する。
僕はCDに呪われているとでもいうのか。

あの問題は、あおり運転、ちゃうやろ。2018-12-03

東名高速で起きた強制停止により死亡させた事件。
以後、あおり運転が危ない行為だと世は合唱する。
多くはあおる側の悪質性にのみ注目する。

で、あおり運転批判が起きている。
それ自体に異論があるはずもない。

基本あおり運転はよくないのは承知しているし、
そんな運転をしたいとも思わない。
相手の運転技術と自分の運転技術に対する絶対の信頼がなければ、
自分が怖い思いをするばかりであろう。

だけれどだ。
つい先だっても、追い越し車線を漫然と走り続ける車に出会った。
走行車線は80キロで流れていて、
それよりもやや速いスピードで(メーター読み95キロ)
追い越ししていたのだが、
前方に遅い車がいるのを見た。
走行車線側の車が次々追い越していく。
ややイラッとしたが仕方がないから
アクセルから足を放し、
ブレーキはできれば踏みたくないなと思いながら様子を見た。
どんどん接近してくる。
やむを得ずブレーキを緩く踏み速度を調整した。
車速はメーター読みで75キロまで落ちた。
左側から追い抜いてやろうかと一蹴想ったものの
原則禁止事項だから思い直し前車が進路を譲るのを待った。

そうすると車速をあげだした。
車間を一定に保ちながら(車間60メーターほど)再加速し、追従。
そうするとしばらくしたらまた車速が落ちる。
また走行車線側のクルマより遅くなる。
進路変更してしまおうかと思ったが、
後続を確認したら、走行車線側は車列が完全に途切れている。
今いる走行車線の車が先行車を追い越せば、
さすがに今度は車線を譲るに違いないと思って車間を保ち待つ。
むしろ僕の車の後ろのほうがいらついて車間を詰めてくる。
そして走行車線が開くやウィンカーもほどほどに左から追い抜かれた。
そのあとに続いて僕も進路変更して結局追い越したのだが、
あとからあとからその車がいるから、そこでちょっとした渋滞が起きる。

さてこの僕を含め後続車をして「あおり」とよべるだろうか。
僕自身は、後続車から車間を詰められて、気分は悪いが
あおりだとは思わない。
形の上ではあおられているが
あるいは先行車があおられたと感じたかもしれないが
漫然と走り続ける先行車に大きな問題はないか。
車線意識のなさにあきれる。
そうした知識のなさや状況判断の悪さによる
走行妨害といえないか。

走行車線が開いていれば、基本そこを走る。
追い越し車線で追いつかれたら
できる限り早めに進路を空ける。
追い越しを開始する前に速度差がある車が近づいてきていたら、
その車を先に行かせてから追い越しを開始する。
高速での基本マナーだ。

そもそも追い越し車線を走り続けるのは正しい運転ではない。
追い抜き行為が終了したら、走行車線に戻るのが原則だ。
そうしないから車間が詰まる。
進路を譲ってほしいとパッシングして、
自分の意思を相手に伝えるのは、昔からよくあることだ。

いろんな発言を聞くと、進路を譲らず自分の走りたいように走る、
それをどけと言われた、あおり運転されたとのたまう例も多い。
もちろん速度超過の接近車が全体の状況を見ずに、
ただただ「どけっ」とする場合もある。
車間を15メーター以下にまで詰め、
パッシングや車体を振ったりする威嚇行為されることもある。
それはあおり行為ではある。

が、運転者が互いに知っておくべきルールを知ろうともしないで、
走行車線が空いているにもかかわらずどかずにいたら、
あおりをあおる行為じゃないかと思う。

あの事件があってから
車間を詰める行為があおり運転だと理解し、
後ろから車間を詰めるような運転者が悪いのだとしているようだ。
実は漫然と追い越し車線に居座る行為にも、
あおり運転同様の危険行為であると認識しておく必要はないだろうか。

そうした意味で常識だったはずのものが崩れてきた。
運転者の了解事項を守る方向性の指摘があってしかるべき。

あの事件は、あおり行為という表現は当てはまらない。
専門家でないものから見たら恐喝・通り魔である。
危険運転なんてものではなく、暴力行為でしかない。
多くの人が指摘するあおり行為とは別次元のものだ。
高速道路上で、安全地帯でもない場所に停止させれば、
重大な事故を誘発させる。
普通の頭脳であれば判断できるはずだ。
わかっていてやったのだから放火と同じ程度の悪質さだ。
同じようにあおり行為が危険だと啓もうする意図で
あおり行為を訴える人の言い分を聞き、映像を紹介もする。
その部分だけを見れば悪質すぎる。許されるものではない。

だけれど中には、被害を訴える側に
認識間違いが起きていないかと疑うこともある。

あおりを受けたとする前の時間軸で、
加減速を繰り返していたり、
意思をはっきりさせない車線変更をしたり、
急ブレーキを踏ませるような車線変更を強引にしたり、
人間の悪意を誘発させるような運転をしていないか、
それぞれが見直すことも必要だと思うのだ。

僕に限って言えばそのような運転者によく出会うようになった。
年々その数が増えてきているように感じている。

怖いあおり行為を受けたという、
その裏ではあおり行為を誘発するあおり行為もまたある。
今一度運転するうえでの当たり前が戻らないものかと思う。

昔に比べて高速が走りにくくなっている。
誰しもが状況を見るべきではないのか。

事件の悪質さをクローズアップするだけでなく
高速道路の交通全般のマナーを再確認するときだと思う。

共電社が店じまいですと!2015-09-06

先日、日本橋を歩いていたら、
共電社がついに店じまいになると知った。
日本橋がオーディオの街だった名残は
川口無線、シマ無線、そして共電社くらいしかない。
その中では懐にやさしい共電社にはお世話になってきたものだ。

サブのCDプレイヤーが壊れたときには、
DENON DBP1611UDが2万円台で買えた。
D-4システムの液を探していたときには
店員が分けてくれもした。

とても残念なのである。

閉店セールは50%Off>
残念がってばかりじゃなく、しっかり買いものしてきました。
そちらは別な機会に。

疲れました。2011-11-08

早朝、まだ暗い中目覚ましの音で起き、
めったに取り出すことのないスーツを着込み、
東京まで日帰りの出張に出た。

で、所要を済ませて帰阪のため16時20分の新幹線に乗った。

順調なら19時前に新大阪に着く。
ところが京都の手前から、なかなか進まない。
5分遅れくらいで京都に着いたと思ったら、
そこからなかなか発車しない。
気にせず本を読んでいたが、
いっこうに動く気配がない。

で、流されている車内放送をよく聞くと、
何者かが線路に侵入し、その捜索をしているのだという。
で、発見されたものの、今度は逃げたらしい。
確保されるまでさらに時間がかかる。
やっと確保されたかと思ったら、
次は安全確保のため線路の点検。

結局のところ京都駅を出たのは8時過ぎ。
新大阪に着いたのは8時30分ごろだったような。

お騒がせ男君。
どうせならもう少し抵抗してくれよ。
もうちょっとで特急料金払い戻しやったのに。
博多まで延伸前なら一時間で返してくれたけど、
今は2時間やもんなあ。

10月初めに打撲した臀部が完治していないから、
ずっと座っているのもつらかった。
それでも救いは停車が京都駅でラッキー。
線路上なら不満が爆発しただろう。

回線が切れた2011-08-11

一昨日、ネットに接続しようとしても入れなかった。
終端装置を見たら赤点滅になっている。

機器の故障か、回線の不調か、それともNTTの保守か。
原因がわからない。

24時間受け付けのはずのコールセンターに電話しても、
いっこうに通じない。
あとで電話をかけなおしてくださいというばかり。
そのうち受付時間は9時からです。
なんてメッセージまで変わる始末。

仕方がないから一般の受付に回る。
電話で内容を伝え、朝まで待つことにした。
そうしたら、1時間ばかりあとで電話がかかってきた。
回線が切断していることを確認したということだ。
翌朝に修理に行くとのこと。

で、昨日の朝、10時に修理にやってきた。
家から約70メートルの地点で、
通信が途絶えているとのことだった。

くそ暑い中、工事すること40分、回線は復活した。
本間に修理に来た人たちは大したものだと思う。

サービスマンが言うには、
うちの回線だけが切れていたとのことだ。

ま、そんなこともあるのだろうが、なんか腹立たしい。
フレッツの回線が異常をきたすのは、今回で2度目。
前回は、極端に通信速度が低下した。
何かの工事でケーブルが折れていたということだった。
この時も、電話がつながるまで30分以上も待った記憶がある。
今回も、最初のアナウンス通りに待っていたら、
2時間以上電話機を横において待つはめになった。

回線の異常は経年変化ということだってあるだろうし、
電柱を利用する多サービスの工事のミスということも考えられる。
それ自体は仕方がないとは思うが、
コールセンターの受付は、
もっと利用者の立場に立ったものにしてもらいたいものだと思う。

故障などの問い合わせに対して、
録音で対応するというのなら、
最初からそうメッセージを流すよう計らってもらいたいものだと思う。

フレッツを導入している我が家に、
フレッツを薦める電話を何度もかけてくるサービスより、
トラブルの連絡をどう受け付ければ、
利用者の満足度が上がるのかを考えてみるべきだ。
既存の利用者を大切にしないでいれば、
NTT離れが進むと思うぞ。

しっかりしなはれ。

ほぼ終息。2011-07-26

今日の朝あたりから、
散歩に行くのが楽になった。

手足口病は、ほぼ終息の模様。

ほっとしています。