PM8006に買い替えた。2020-10-25

PM16は永く使ってきたプリ・メイン・アンプだ。
極端に音質が落ちたとかじゃない。
例えばTAPE端子2系統のうち1系統が片CH落ちしている。
電源ランプが切れている。そういう不具合が出てきてはいる。
が、再生音自体に不満などなかった。
LINE1につなぐCDの原因不具合がアンプにあるらしいとわかり
ついにあきらめて買い替えることにのしたわけだ。

3つのセットがあるから、残ったセットだけでいいじゃないかとも考えた。が、やっぱり主な居場所に、それぞれあるほうがいい。
メイン・システムも20年選手ばかり。いつかはご臨終することもある。
自分の年齢を考えれば、もう一度機械を買っていてもいいじゃない。

PM16の後継候補にするならPM12とかLUXMANL-505u、
DENON PMA2500NEあたりが順当なのだろう。
スペックだけならMarantz PM10やLUXMANL-507あたりに匹敵する。
PM-16は、そういうアンプだったのだと思う。
当時の中級機が軒並み高級機といっていい感じなのだ。
25年も前に発売されていたPM16が、中古市場で5万前後だなんて、
一体どういうことだ。新品10万前後のアンプで満足できないくらい、
今のアンプはダメダメなものなのか。

買い換えたところで、つなぐスピーカーは安物のトール・ボーイだし、
自分の耳だって壊れている。見栄を張って高価なものを買わなくていい。
20万から30万クラスのアンプといったって、
スペックだけで見れば10万-15万のものと大差あるわけでもない。
なら、そこらあたりから選ぼう。ネットワーク・オーディオは必要ない。
所有するソフトで5000タイトルを超える。死ぬまでそれらを聞いていればいい。

いざ探すと選べる機体が少ない。
PM8006、DENON PMA1600当たりが候補になる。
他にもATOLLあたりも候補にできそうだが、
なんせ昔人間。マランツやデンオンのブランド信仰がある。
ONKYO、山水があれば候補にはなったのだろうが、
昔日の有名ブランドほとんどが消滅撤退。残っていても高級機市場のみ。
さびしいもんだ。選ぶ楽しさがないに等しい。

店頭で2候補を視聴した。

音の傾向が明るくてすっきり感を感じたのがマランツPM8006、
全体的におとなしくてフラットな感じのPMA1600 。
どちらを選んでも大差はない。
視聴した限りでは、やっぱりマランツがいい。
余計な(DAC)がない分安価なPM8006を買うことにした。

水曜日に届いたので、PM16と置き換えて聞いてみた。
再生音の雰囲気は変わらない。だけどやっぱり格の違いは感じる。
明るくすっきりとしたところは一所でも厚みが違う。
音の芯が軽くなったように感じる。

いろんな部品が、これでもかというほどつみこまれていたPM16 は20Kg
PM8006は12Kg。
この重量差が音の厚みの違いということなのだろう。

とりあえずは満足するレベルです。
永く使って行けるでしょう。

MA6800が修理にでているあいだS3100をPM16で鳴らしていた。
そこそこ代替品として頑張っていた。
PM8006はパワー70WとPM16の90Wより小さい。
そのうえで音の厚みが劣る。たぶん力不足になるだろうな。

マランツのアンプはPM80a、PM16につついて3台目。
一番非力なアンプなのだ。でも聴感は問題なし。
音の傾向が自分好みなんだね。(それ以前はONKYOだった。)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kumaneko.asablo.jp/blog/2020/10/25/9309464/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。